インターネット起業を目指そう!

e-japanからu-ジャパン政策で国内のITインフラを促進した日本。その目的は高速情報インフラの敷設により、ムリムダムラをなくし効果的なビジネス活動環境を提供する事。そして何処でも誰もが必要な情報を安価で入手する事で知識を得て豊かで便利な生活を送るためでした。


f-net 3-3l.gif
  • 結果、20世紀のビジネス形態のほとんどはインターネット上に乗る事ができました。店舗はネットショップ、映画館は動画コンテンツ、教育はeラーニング、銀行はオンラインバンキングなどあげればきりがありません。
  • たとえば、ゲームは遊技場へ行くか、ゲームソフトを買って遊ぶか、複数でやる対戦ゲームは同じ場所に集う必要があります。
  • これらもネット回線をつなぐ事によってオンラインで無料、有料で遊べます。

  • インターネットの利用はパソコンから携帯電話、そしてタブレット、スマホに移行しました。今後は特にスマホを意識したコンテンツになります。豊富なアプリ、ソーシャルメディアによる情報の収集と拡散が個人でもできます。いや個人だからこそ身軽にブランド化したり、プラットホームを利用した情報や物の販売、集金が世界を視野に展開できる時代が来ました。
  • 個人だからこそ、費用がかからないメディアを活用して、集客、信頼作り、販売ができます。今こそ、経済の自立、時間の自由をこの手に掴みましょう!

TOPページへ

a:617 t:1 y:0